FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 春を告げる草 」

20:00

20150329_4842.jpg

冷たさが和らいだ風に運ばれ、微かに香るは白梅の花。

その昔、花見と言えば桜ではなく梅を指す事が多かったという話もあります。

梅の別名に「春告草」とあるように、東北の地にもようやく春がやって来ました。

白梅のように澄んだ心を忘れずに日々を過ごしたいものです。


スポンサーサイト

「 安息と希望 」

17:24

20150322_4818.jpg

明るい光を放ちながら太陽が今日もまた沈んでいく。

気が遠くなる程昔から絶えず繰り返されてきた自然現象。

ただ、それだけのことなのに・・・

見上げる度に、時には安堵し、時には明日への希望を想い。

また、明日を迎えられる。

二度と来ることの無い今日という日々を想いながら・・・

静かに沈み行く太陽に向けて、心の中で呟く。

「また、明日」




「 風の音色 」

19:51

20150315_0726.jpg

草原を目的も無くただ気の向くままに歩いていた。

時折強く吹く風の音色に耳を傾けたまま・・・・・・



「 光の雫 」

19:56

20150308_4632.jpg

太陽の光が降り注いでいるわけでもない。

周囲から光をあてているわけでもない。

ただ岩の上を自然に流れる水を撮った。

ただ、それだけ・・・・・・。

岩に鉱脈でもあるのだろうか?

驚くほど、綺麗な色に煌いて雫となって流れ続けていた。



「 待ち人 」

20:20

20150301_4576.jpg

それは何処にでもあるような何の変哲も無いベンチ。

特別な飾りがあるわけでもなく、格別な座り心地という訳でもない。

降り積もる雪に埋もれるままに、ただ静かに春の訪れを待ち続けている。

春の訪れと共に、来てくれるであろう多くの人々の疲れを癒す。

ただそれだけのために・・・・・・

今はじっと、待ち続ける。春の訪れを

そして、笑顔を見せながら座ってくれる人の訪れを・・・・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。